〔まなびば〕洗面所の導線・配置・家の中での配置について

記事担当 株式会社高棟建設工業(ホームページ

浴室と一体の機能を持った空間と考える 

洗面所に求められる機能によっては家の中での配置を十分に考慮することが必要となります。

そこで今回は、洗面所の導線・配置・家の中での配置についてお伝えしたいと思います。


◆ひとこと解説◆
ご家族の生活の仕方によって、大きく変わる導線計画
洗面所なんてどれも同じ・・・と思っていると損をしてしまうかもしれません。
一般的なカタチというのももちろんありますが、
例えば・・・奥様の家事のしやすさを考慮してキッチンとの導線を重視した計画など計画をすることで、その後の生活のしやすさが大きく変わってくることもあります。



■湿気を帯びやすい場所なのでしっかりと計画を

一般的に洗面所は浴室と一体の機能を持った空間と考えられているので、浴室に接した場所に配置されています。

その様な配置ですが、洗面所に求められる機能によっては家の中での配置を十分に考慮することが必要となります。多いのは脱衣と洗濯機の置き場としての洗面所、出入り口と干渉しない脱衣スペースと浴室の出入口との関係を考慮した洗濯機置き場を考えれば大きな失敗は無いでしょう。また、キッチンとの導線を重視する場合は、洗面所の出入口を2カ所設け回遊式として作業効率を上げることも考えてみられては如何でしょうか。

また、洗面所に何を収納するかでも配置計画は変わると思いますので、家族の意見集約も大切となります。

最近はパウダールームとしての役割を持たせた洗面所をご希望される方も増えています。ホテルのように寝室に接してシャワーブースを設けたりする場合にはベットの位置からの動線を考慮した洗面スペースの配置を検討しましょう。

洗面所は湿気を帯びやすい場所でもあるので換気を考えた配置計画をすることも重要となるでしょう。

また、配置によっては扉の種類や扉の開ける方向も考慮しプライバシーを守ることも家族が気兼ねなく生活するに当たっては必要です。

 


もっと詳しく知りたい方はこちら

家づくりの「まなびば」