〔まなびば〕サッシの防犯について

記事担当 株式会社笠原工務店(ホームページ

ご自宅の防犯は十分ですか?

空き巣事件の侵入方法の多くは、ガラス破りや無施錠であり、その対策について紹介します。


◆ひとこと解説◆
窓の防犯性はどのように高めるのか?
窓にひと工夫するだけで、家の防犯性が格段に上がります。


 

家にとって窓は、外の光を取り込んだり、換気を行うために大切な部位です。しかし、防犯上の観点からは外部からの侵入をゆるしてしまう弱点となっています。

令和元年度の神奈川県警発表の空き巣事件の侵入方法で一番多いのはガラス破りで55%となっており、次が無施錠の27%で窓の防犯性が必要なことがわかります。

それではどのようにすれば、窓の防犯性を高める事ができるでしょうか
犯人の行動を見ていくと、侵入するのに5分以上かかるようなら諦める傾向がある。というのがデータであります。

有効な手段として
・雨戸や面格子を活用する
・防犯ガラスを使用する
・補助錠をクレセントから離れた場所に設置する
・振動感知型防犯ベルを設置する(ガラスの振動、破損に反応する)
・2重窓にする

また、外から死角になりやすい開口部付近にセンサーライトや防犯カメラを設置したり、インターホンをカメラ付きに変更するだけでも効果があるとの報告もあります。

色々な組み合わせをする事で、防犯意識の高い住人がいる家であることを、犯人にアピールしていくことで狙われにくい家になると考えられます。


もっと詳しく知りたい方はこちら

家づくりの「まなびば」