自然素材で造る檜の家

横浜市泉区 Y様邸

天井空間のアクセントとして木の質感を生かした化粧梁、仕切りのない開放的なデザインと調和した自然素材の優しい家

天井空間のアクセントとして木の質感を生かした化粧梁、そして仕切りのない開放的な間取りはデザインとして重厚感のある大黒柱が映えます。 大きな開口の掃き出し窓からふりそそぐ日差しも心地よい空間を演出しています。
リビングシアターについて基本設計の段階でご相談いただいていたので、配線をすっきりと隠す設計・施工を行うことができました。
杉板を目透かし貼りした天井、そして床の間の天井は網代張りにすることで、昔ながらの純和室のイメージをプランニングしました。
2階は将来的に子供部屋として間仕切り壁で必要に応じて空間を分割できるよう間取りに配慮し、洗面所は空間を生かすため、据え置き型の洗面ボールに無垢材のカウンターを施工しました。

 

建築データ
新築
1. 竣工年月 2010年秋
2. 敷地面積 200.81㎡
5. 延床面積 139.57㎡
6. ご家族構成 (2世帯)5人