薪ストーブを取り入れた古民家リフォーム

足立区 U様邸

 古き良き材料を残し自然素材の無垢板や漆喰をふんだんに使った暖かみのある空間

この建物は、築70年が経ち建物の老朽化や耐震性が心配されていました。
そこで、耐震補強と合わせて建物全体のフルリフォームを行いました。
内装につきましては、使える柱、梁の構造材は残し、床板は杉・桐・竹を使い分け、壁には調湿機能に
優れている漆喰をふんだんに使い、暖かみのある空間に仕上がったのではないかと思います。